都立家政 藤乃木 三代目 シェフのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 西武線の新型車両

<<   作成日時 : 2008/06/16 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 西武線の新型車両はずいぶん洗練されたデザインになったものだ。昔の西武線は赤とベージュのカラーの赤電(鉄道ファンはこう言うらしい)で、田舎の電車と言われたものだった。その後、黄色い電車になり、有楽町線乗り入れの頃から都会的なデザインになった。記憶の中でいちばん古い車両は、311形だっただろうか。箱型の電車で、車両の前面に行き先を表示した板を差し込むタイプで、床がフローリングで、網棚は文字どおり網、運転席が片側についていて、ステンレスのバーで仕切られていたように思いますが、どうでしょうか?その頃は荷物電車というのも走っていた。
 ご近所ブログの「さぎのみや散歩日記」さんの過去ログに、西武線の歴史に関する講演会が開かれ、シティーテレビ中野でも放送されたという記事があったが、どういう内容だったのだろうか?大変興味がある。
 昔の車両を検索していて見つけたサイトをリンクしましたので、興味のある方は、ご覧ください。
 
画像


旧西武鉄道モハ550形(旧川越線開通80周年記念切符より)
裏面の説明によると、この車両は、旧西武鉄道が高田馬場〜東村山間の開業と東村山〜川越間の電化のため昭和2年に川崎造船から購入したもので、当時の郊外電車としては代表的な全鋼製車で、昭和40年頃まで主として新宿線で使われていたらしい。もちろん実際に走っているところを見た記憶はない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西武線の新型車両 都立家政 藤乃木 三代目 シェフのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる